できてしまったシミ対策

できてしまったシミ対策

できてしまったシミ対策

 

 

できてしまったシミ対策は、非常に難しいものがあります。できてしまったシミは、中々消えてくれないからです。できてしまったシミへの対処法でまずできるのは、美白作用のある化粧品を使用することです。美白化粧品を使っても効果がない場合は、クリニックに行って薬を出してもらうとよいです。クリニックでは、ハイドロキノンとレチノイン酸を処方してくれます。ハイドロキノンは、チロシナーゼの活性を抑制してメラニン形成をブロックしてくれるので、それなりに効果が期待できます。レチノイン酸は、表皮基底層でのメラニンを減少させてくれ、代謝を高めてくれます。クリニックでは、肌のターンオーバーを高めながら、メラニンを押し上げ、排出を促進してくれます。美白作用の強いハイドロキノンは、シミを漂白する力があります。ピーリング剤が含まれたグリコール酸ローションを使用することもあります。外用剤を塗布する前にグリコール酸ローションを使用すると効果的と言われています。ピーリングで肌のターンオーバーを促すというのも、できてしまったシミ対策に有効です。シミの原因である古い角質を剥離することにより、沈着したメラニンを取り除くことができます。

 

シミはできてもケアできる!POLAの店舗で無料で相談