乾燥を防ぐ保湿方法

乾燥を防ぐ保湿方法

 

乾燥を防ぐ保湿方法として大事なことは、正しいスキンケアをすることです。乾燥肌を防ぐには、肌の潤いを保つケアを徹底的にする必要があります。まず洗顔する時は、肌に必要な潤いを残しながら汚れを取り除くことが大切なので、クレンジングをするときは強くこすらないことです。低刺激の洗顔料を使ってよく泡立ててから使うとよく、最後はぬるま湯ですすいで洗い残しがないようにします。洗顔後の手入れとしては、水分補給のためにすぐに化粧水をつけるようにします。肌が乾ききる前につけることが大事で、化粧水で水分補給した後は、保湿剤で仕上げます。化粧水の後は必ずクリームや乳液などをつけるようにし、水分の蒸発を防ぎます。セラミド配合の化粧品はおすすめで、皮膚の角質層に存在する脂質や皮膚を外部の刺激から守りながら、角質層の水分を保持することができます。キレイな肌をつくるには、栄養バランスの取れた食事が大事なので、乾燥肌を防ぐには、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルなどをしっかり摂ることです。乾燥を防ぐには、日頃の生活環境を改善し、保湿方法の手入れや食事の見直しを図ることが大事です。

 

お肌のトラブルの大敵は乾燥にあり!自分の肌状況を知るには?